健康的な印象に魅せるために欠かせない白い歯

適切な力加減で磨こう

白い歯を維持し続けるのに必要なオーラルケアは、毎日、適切に行うことでその効果をしっかりと実感することができます。
そのため正しいオーラルケアを再確認することで、毎日のケア方法を見直すことも大切です。
まずブラッシングの前に、お使いの歯ブラシを確認してください。
ブラシが使い続けて湾曲しているようでは、歯や歯茎を掃除することができません。
またブラシの衛生面にも配慮しましょう。
ブラッシング前にぬるま湯でお口の中をすすぐのもオススメです。
汚れが除去しやすくなると共に歯茎の血流が促進され、ブラッシングの刺激が適切に行き渡るようになります。
ブラッシングの際には歯ブラシを優しく持ち、歯や歯茎を必要以上に強くこすらないことが大切です。
1本につき約20秒位かけてブラッシングすると、プラークをキレイに除去することができます。

歯茎のケアも忘れずに

白い歯を保つためには、歯はもちろんですがその歯を支える歯茎も重要です。歯だけでなく歯茎のケアも欠かさないことで白い歯を保つことができます。
歯茎はとてもデリケートなところですから、強い刺激を与えないことが大切です。また汚れが残っていると、歯茎の健康を維持することができませんから、この点も欠かさずにケアしましょう。
歯茎のケアにオススメなのが、マウスウオッシュやフロスをブラッシングと併用するケア方法です。また水流で歯間を洗浄できる電動器具などは、水流によって歯茎の血流を促進する効果もあるためオススメです。
オーラルケアが終わった後、鏡でチェックして歯茎が均一なピンク色の状態であるか確認しましょう。目で見てチェックすることで歯周病予防にもつながります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る