食事の面での白い歯ケア方法

白い歯を保つために気を付けるべき食事

歯を白く保つためには、食事が大きく影響することを忘れてはいけません。
例えば有名なところでは、ワインやコーヒーは色素沈着の可能性のあるものの代表格です。
白い歯を保つにはワインやコーヒーを飲んだ後、なるべく早くケアしてあげることが大切です。
またその他にも香辛料なども白い歯に影響を与える可能性があります。
ターメリック等はカレーに含まれる香辛料ですが、海外では布地の着色にも使用される香辛料です。
つまり歯に色素が移る可能性は高いものといえます。
加えてカカオの身に含まれるポリフェノールも白い歯に色素沈着の可能性が高く、チョコレートも気を付けるべき食材といえるでしょう。
意外と知られていないものとしては、果物にも配慮が必要です。
とくにレモンなどには歯の表面のエナメル質を溶解させる酸が含まれており、放置すると歯の変色を招く可能性があります。

歯や歯茎の健康に良い食材

歯や歯茎の健康を保つことで、血流が促進されて、より白い歯を保つことができます。そのためには歯や歯茎に効果的といわれる食材を活用することもオススメです。
リンゴやセロリ、また生でも食べられるような根菜類はしっかりとした歯ごたえのある食材です。
こうした食材には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は噛むことで自然の研磨剤の効果があります。
しかもエナメル質を壊さずに歯の周辺に付着した汚れを取ってくれます。
とくにリンゴには、その名のとおりリンゴ酸という成分が含まれているのですが、このリンゴ酸は歯の健康を保つのに効果的な酸でもあり、汚れを落とすだけでなく歯の着色を予防する効果もあるのです。
さらに乳製品もオススメです。
食後に摂取すると、お口の中の酸を中和し、歯の表面にプラークを付けづらくする等、虫歯予防にも効果があります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る